平仮名・カタカナが読んだり書いたり出来る様になりました。

4歳の息子が平仮名や片仮名を読む事が楽しくなってきています。
少しは字も書いてくれます。自分の書ける字だけですので、文章の意味は為していなかったりもします。
私も一生懸命考えながら読まなくては正直文字の読解は困難です。
それでも字が書けるのが誇らしいようで、毎日白い紙に向かってせっせと字を書いています。
私は帰宅しても仕事があるのであまり構ってあげる事ができませんが、上の子供が下の子どもの為に本を読んであげている姿を見ると誇らしくなります。
下の子供はまだ1歳なので絵本に興味があったりなかったりします。
時たま聞いておらず、他の事をして遊んでいる弟に向かって4歳の兄はせっせと本を読んでいます。
一生懸命読む事に夢中になって、弟が違う所にいるのも気が付きません。
平仮名が読めるまでは、大人が読んだ言葉を暗記して本を読んでいました。
2歳位から本を覚えている状態で読んでいましたが、今では実際に読む事が出来ています。
一足外に出れば色んな活字に触れる事が出来ます。
今までお菓子のコーナーはでお菓子が食べたいと言えば、これはお菓子じゃない石鹸だよと言う事もありました。
その当時は本人は少し不満ながらも諦めていました。
青の花茶 口コミ

字が読める様になってからはそれが出来ません。
お菓子じゃないよと言っても、でもここに綿菓子って書いてあるよ。とパッケージを読むようになりました。
流石に相手の方が上手だったので、仕方無く購入しました。
字を読んだり書いたりする事の楽しさを肌で感じている様です。
これからも色んな事を興味と共に吸収していくのかなと思うと楽しみでなりません。
又、下の弟の面倒を気が付けばみてくれる優しい兄に育って嬉しく思っています。
お絵かきもそれなりにうまくなってきました。
今までアンパンマンばかり描いていましたが、最近では動物も描く様になりました。
初めて描いてくれたママの似顔絵とママへの手紙は大切にアルバムに保管しています。