成長ホルモンって一体何をしてくれるの??

成長ホルモンは非常によく聞く言葉ですよね。
でも実際に成長ホルモンがどんな働きをしてくれるのか、調べてみました。

成長ホルモンは深い眠りの時に分泌されるホルモンのことで、寝入ってから2時間ぐらいまでのノンレム睡眠(深い眠り)時に大量に分泌される事が分かっています。

深い眠りの時…の言葉の通り、睡眠が浅くなってしまうと成長ホルモンは分泌されにくくなってしまうんです。

ご飯が遅く胃の中に食べたものがまだ残ってしまっていたり、寝る直前までテレビを見ていて視神経が刺激を受けてしまったり、ストレスを感じすぎると眠りが浅くなると言われています。

お風呂であったまってから体が冷える前に布団に入るとスーッと眠りに入る事が出来るのでオススメです。

そして本題の成長ホルモンの役割についてですが、成長ホルモンは体の成長や修復、疲労回復などに重要なホルモンです。
なので成長ホルモンの分泌が上手くいかないと、成長期に身長が伸びきらなかったり、寝ても寝ても疲れが取れなかったり、怪我がなかなか治らなかったり…といい事は全くありません。

成長ホルモンをたっぷりと分泌させてあげる事が、子どもの成長を助けます。

夜は暗い部屋で、リラックスできる寝具を使ってゆっくり睡眠ができるように体をサポートしましょう。ダイエット